マンションで楽器を楽しみたい夢を叶える住宅設備

費用の問題

防音室を取り入れたいと考えた時にまっさきに気になるのは、導入に必要な費用でしょう。ここで考えたいのは、防音室の性能は価格に直結するということです。状況や使い方にもよりますが、自由を求めるなら高額になる傾向があります。

遮音性能に関して

防音室の遮音性能や防音性能に関しては、いわゆるD値という数値によって語られることが多いです。マンションで自由にピアノを弾きたいと考えて防音室を設置するなら、この数値の理解は欠かせません。

マンションのルール

防音室を設置する必要性と同時に知っておきたいのが、マンションのルールにおけるピアノ許可は、設置についての言葉だということです。この点を勘違いすると、トラブルにもつながりかねません。防音室を設置する必要性にもつながります。

音を出す時の不安

隣に聞こえないか

壁ドンという言葉がインターネットを賑わせて久しいですが、この言葉の本来の意味と、今回の壁ドンブームとでは、全く意味が違います。
本来は、隣人に対して「うるさい!」というメッセージを伝えるために壁を殴る行為を指すのが壁ドンです。マンション生活において多くの人が悩まされる隣人の騒音問題、その元凶にならないように常識人は過ごすしかない現実があります。
マンションに住まう中で、必要以上の音や振動を発することは非常識なことです。当然、思う存分好き放題楽器を楽しむことも、非常識なことです。
隣人のピアノの演奏がうるさいと殺人事件に発展した、ピアノ殺人事件と呼ばれる事案も過去に発生しています。
人間にとって、本人にとって欠かすことができない大切な音楽や楽器の音色も、他人にとっては騒音にすぎないケースはよくあることです。
また、自分の演奏に自信がない人にとっては隣に聞こえないかどうか、周りの人に聞かれていないかどうか、そういったことが気になって思う存分楽しめない、というケースも有ります。
いずれにせよ、楽器を演奏するとき、特にマンションでは「隣に聞こえないかどうか」という点に大きくフォーカスされる部分があります。

自由に音を出せる環境

ピアノやギター、バイオリンやサックス、様々な楽器がある中で、それに触れている人にとっては自由に音を出せる環境は喉から手が出るほど欲しいものです。
河原で演奏することも、公園で演奏することも、騒音にうるさい今の御時世ではあまり現実的ではありません。ストリートミュージシャンやパフォーマーのような腕前があったとしても、それを披露するつもりがなければ外で演奏すること自体がありえない考えです。
マンションに住まうような環境では、近隣に人がいない環境を見つけることがまずは難しいことも少なくありません。それを考えると、自由に音を出せる環境をどうやって確保するかは、音楽や楽器を楽しむためには欠かせない必須の検討事項です。
防音室を始めとした住宅設備や工事は、そのために大切な考え方です。
楽器によっても必要な防音室は違っているため、どのような防音室がちょうど良いか考えること、そこから音楽を自由に楽しめる環境は広がっていきます。