マンションで楽器を楽しみたい夢を叶える住宅設備

マンションのルール

設置許可は根本的問題

防音室を設置することはマンションにおいてピアノ演奏を楽しむために絶対に必要な対処ですが、それ以前にマンションのルールに対して目を向けることも大切です。
特に、根本的問題となるピアノの設置許可に関しては目を通しておきたいところです。
マンションによってはピアノの設置自体を許可していないこともあるため、管理規約の確認が欠かせません。
特に、木造マンションではそもそも耐久度という観点から見て、100キログラム以上あるともいわれるピアノを設置することは非現実的かつ危険なことです。
そういった点から見ても、マンションのルールとしてピアノの設置が可能かどうかは目を通しておきたいところです。
まして、許可が出ていない状態でピアノ演奏によるトラブルが起きたなら、自分自身が規約違反で退去しないといけなくなる可能性があることも考えると、ますます設置許可の確認は重要です。

言葉のマジックに注意

マンションのピアノ設置許可に関して目を通して、無事に大丈夫だと分かったとしても安心するのはまだ早いです。
なぜなら、マンションの規約におけるピアノの可否は、あくまでも設置の可否に関する事項だというケースが多いからです。
ピアノのような極端な重量物をおいていても問題がない耐久力があります、という点から設置の許可を出していることに気をつけないと、自由に演奏してもよいという勘違いを生みます。
ピアノOKのマンションでピアノトラブルが起きる場合、特にこの勘違いが起きているケースが多いといわれています。
ですから、ピアノOKの物件でも防音室を設置することは必要です。

防音済みなら大丈夫か

防音室を設置しなくても、ピアノ設置許可が出ている防音マンションなら大丈夫だろう、と考えてしまいがちです。しかし、これも間違いがあります。
音楽向けの物件と明言されていない限り、物件紹介における防音とは、生活音レベルの防音だと認識することが大切です。
ピアノの出音は生活音とは比べ物にならないほど大きいため、防音済みの物件でも簡単に壁を超えて、遠く離れた部屋まで音が届いてしまいます。
ですから、結局防音室の設置は必要です。ちょっと演奏する程度だから手軽な防音対策で十分、という発想は自分のエゴでしかなく、結局満足できる演奏は楽しめません。
防音室を用意すれば、気軽にピアノを楽しめます。手軽な防音室を設置するだけでも、月1万円払えば数年足らずで支払いが終わります。
防音室を購入して得られる音楽の喜びは大きいため、どのような物件でも、音を出す人間の責任として防音室はセットで購入しておきたいところです。
その上で、徹底的に音楽演奏を行うなら、手軽なものから本格的な設備の工事を行った防音室にグレードアップする考え方もできます。